第163回芥川賞・直木賞候補作が決定!候補作10タイトルと著者情報を一挙紹介!

こんにちは、ブクログ通信です。

第163回芥川龍之介賞・直木三十五賞(2020年上半期)の候補作が発表されました!受賞作を決める選考会は7月15日に東京・築地の「新喜楽」で行われ、受賞作は同日のうちに発表されます。今回ノミネートされた話題の著者・候補作を一挙ご紹介いたします。

芥川賞候補作

芥川龍之介賞|公益財団法人日本文学振興会

石原燃さん「赤い砂を蹴る」(『文學界』6月号掲載)

文學界 (2020年6月号)
ブクログでレビューを見る

『赤い砂を蹴る』は7月13日に単行本化される予定です。

著者:石原燃(いしはら・ねん)さんについて

劇作家。東京都出身。大阪府在住。武蔵野美術大学建築学科卒業。日本劇作家協会会員。非戦を選ぶ演劇人の会実行委員。2007年より劇団劇作家に所属。東京にて他団体への書き下ろしを中心に活動する。2011年の夏に大阪に移住。2012年5月に劇団劇作家を退団後、演劇ユニット燈座(あかりざ)を立ち上げる。2020年、『赤い砂を蹴る』で第163回芥川賞候補になる。

石原燃さんの作品一覧

参考リンク

石原燃 Facebook

岡本学さん「アウア・エイジ(Our Age)」(『群像』2月号掲載)

群像 2020年 02 月号 [雑誌]
ブクログでレビューを見る

著者:岡本学(おかもと・まなぶ)さんについて

1972年、東京都生まれ。早稲田大学大学院国際情報通信研究科博士課程修了。博士(国際情報通信学)。会社勤務を経て、神奈川工科大学情報学部准教授。『架空列車』(講談社)で第55回(2012年)群像新人文学賞受賞。2020年、『アウア・エイジ(Our Age)』で第163回芥川賞候補になる。

岡本学さんの作品一覧

参考リンク

岡本学 twitter

高山羽根子さん「首里の馬」(『新潮』3月号掲載)

新潮 2020年 03 月号 [雑誌]
ブクログでレビューを見る

『首里の馬』は7月30日に単行本化される予定です。

著者:高山羽根子(たかやま・はねこ)さんについて

1975年、富山県生まれ。多摩美術大学美術学部絵画学科卒。2010年、「うどん キツネつきの」が第1回創元SF短編賞の佳作に選出され、同作収録したアンソロジー『原色の想像力』(創元SF文庫)でデビュー。2015年、「おやすみラジオ」が第46回星雲賞(日本短編部門)参考候補作に。同年、短編集『うどん キツネつきの』が第36回日本SF大賞最終候補。2016年、「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞受賞。2018年、短編集『オブジェクタム』が第39回日本SF大賞最終候補作に。「居た場所」(『文藝』冬号掲載)で第160回芥川賞初ノミネート。2019年、「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」(『すばる』2019年5月号)で第161回芥川賞ノミネート。2020年、『首里の馬』で第163回芥川賞候補、三島由紀夫賞候補

高山羽根子さんの作品一覧

参考リンク

高山羽根子 Twitter

遠野遥さん「破局」(『文藝』夏季号掲載)

文藝 2020年夏季号
ブクログでレビューを見る

『破局』は7月7日に単行本化される予定です。

著者:遠野遥(とおの・はるか)さんについて

1991年、神奈川県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。東京都在住。2019年『改良』で第56回文藝賞を受賞しデビュー。2020年、『破局』で第163回芥川賞候補になる。

遠野遥さんの作品一覧

参考リンク

遠野遥 Twitter

三木三奈さん 「アキちゃん」(『文學界』5月号掲載)

文學界 (2020年5月号)
ブクログでレビューを見る

著者:三木三奈(みき・みな)さんについて

1991年埼玉県生まれ。2020年「アキちゃん」で第125回文學界新人賞を受賞しデビュー。2020年、『アキちゃん』で第163回芥川賞候補になる。

直木賞候補作

直木三十五賞|公益財団法人日本文学振興会

伊吹有喜さん『雲を紡ぐ』

伊吹有喜さん『雲を紡ぐ
ブクログでレビューを見る

著者:伊吹有喜(いぶき・ゆき)さんについて

1969年三重県生まれ。三重県立四日市高等学校、中央大学法学部法律学科卒業。四日市市観光大使。1991年に出版社に入社。雑誌主催のイベント関連業務、着物雑誌編集部、ファッション誌編集部を経て、フリーライターになる。2008年に永島順子(ながしま・じゅんこ)名義で応募した『風待ちのひと』(応募時のタイトルは「夏の終わりのトラヴィアータ」)で第3回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞。2009年に筆名とタイトルを改め同作で小説家デビュー。2014年『ミッドナイト・バス』で第27回山本周五郎賞候補、第151回直木賞候補。2017年『彼方の友へ』(実業之日本社)本作で第158回直木賞候補。2020年『雲を紡ぐ』で第163回直木賞候補。

伊吹有喜さんの作品一覧

参考リンク

Web伊吹有喜「折々のいぶき」

今村翔吾さん『じんかん』

今村翔吾さん『じんかん
ブクログでレビューを見る

著者:今村翔吾(いまむら・しょうご)さんについて

1984年、京都府生まれの時代小説作家。ダンスインストラクター、作曲家、埋蔵文化財調査員を経て専業作家となる。2016年、『蹴れ、彦五郎』で第十九回伊豆文学賞の小説・随筆・紀行文部門最優秀賞、2016年『狐の城』で第二十三回九州さが大衆文学賞大賞・笹沢左保賞をそれぞれ受賞。2017年『火喰鳥』が単行本デビュー作となり、啓文堂書店時代小説文庫大賞を受賞、「羽州ぼろ鳶組」シリーズとして代表作となる。2018年「童神」で第十回角川春樹小説賞を受賞し、『童の神』と改題されて単行本発刊。同作が第8回本屋が選ぶ時代小説大賞候補となると同時に、第160回直木賞の候補に。2020年『じんかん』で第163回直木賞候補。

今村翔吾さんの作品一覧

参考リンク

今村翔吾 Twitter

澤田瞳子さん『能楽ものがたり 稚児桜』

澤田瞳子さん『能楽ものがたり 稚児桜
ブクログでレビューを見る

著者:澤田瞳子(さわだ・とうこ)さんについて

1977年京都府生まれ。同志社大学文学部文化史学専攻卒業、同大学院文学研究科博士課程前期修了。専門は奈良仏教史。母は作家の澤田ふじ子。時代小説のアンソロジー編纂などを行い、2008年、第2回小説宝石新人賞最終候補。2010年『孤鷹の天』で小説家デビュー。2011年同作で第17回中山義秀文学賞を最年少受賞。2012年『満つる月の如し 仏師・定朝』で第2回本屋が選ぶ時代小説大賞、第32回新田次郎文学賞受賞。2015年『若冲』で第153回直木賞候補。2016年同作で第9回親鸞賞受賞。2017年『火定』(PHP研究所)で第158回直木賞候補。2019年『落花』(中央公論新社)で第32回山本周五郎賞候補および第161回直木賞候補に。2020年『能楽ものがたり 稚児桜』で第163回直木賞候補。

澤田瞳子さんの作品一覧

参考リンク

澤田瞳子 Twitter

遠田潤子さん『銀花の蔵』

遠田潤子さん『銀花の蔵
ブクログでレビューを見る

著者:遠田潤子(とおだ・じゅんこ)さんについて

1966年大阪府生まれ。関西大学文学部卒。2009年、第二一回ファンタジーノベル大賞を受賞した『月桃夜』でデビュー。一二年、『アンチェルの蝶』で第一五回大藪春彦賞候補となる。また、『雪の鉄樹』が本の雑誌増刊「おすすめ文庫王国2017」第一位、『冬雷』が本の雑誌2017年上半期エンターテインメント・ベスト10 第二位となる。その他の著書に『あの日のあなた』『オブリヴィオン』『カラヴィンカ』。2020年『銀花の蔵』で第163回直木賞候補。

遠田潤子さんの作品一覧

参考リンク

蘇鉄館 遠田潤子ブログ

遠田潤子 Twitter

馳星周さん『少年と犬』

馳星周さん『少年と犬
ブクログでレビューを見る

著者:馳星周(はせ・せいしゅう)さんについて

1965年北海道生まれ。横浜市立大学卒業。出版社勤務を経てフリーライターになる。96年『不夜城』で小説家としてデビュー。翌年に同作品で第18回吉川英治文学新人賞、98年に『鎮魂歌(レクイエム)不夜城2』で第51回日本推理作家協会賞、99年に『漂流街』で第1回大藪春彦賞を受賞。著者多数。近著に『アンタッチャブル』『陽だまりに天使たち ソウルメイト2』『神奈備』『比ぶ者なき』『神の涙』がある。2020年『少年と犬』で第163回直木賞候補。

馳星周さんの作品一覧


発表が楽しみですね!気になる作品は、ぜひ今からチェックしておきましょう!

参考リンク

公益財団法人日本文学振興会 – 文藝春秋